針葉樹林の活用

持続可能な取り組みCHALLENGE

日本にあふれる針葉樹を
活かすために

日本は森林の国です。国土面積の約6割が森林であり、豊かな自然に恵まれています。 しかし、その多くの森が針葉樹による人工森林。針葉樹は軽くて柔らかい分、強度や耐久性に課題があり、住宅産業においての流通が進まないのが現状です。 京北プレカットは、国内に溢れる資源を有効活用するために、先進技術を取り入れることで環境保全に繋がる活動を始めています。

針葉樹林の活用CHALLENGE

ケボニー木材を活用して
持続生産可能な資源を
生み出す

ノルウェーで開発されたケボニー木材を、国産の杉と檜にも適用するための研究・開発が進んでおり、京北プレカットも積極的に取り組んでいます。 この先進技術によって国内の針葉樹を活用できれば、持続生産可能な資源を手にすることができます。

※ケボニー化技術は柔らかい針葉樹材を硬くて腐朽しにくく寸法安定性も高い熱帯産の広葉樹材のようにする改質技術です。

FOREVER WOOD JAPAN BARCELONA TRADE